エンジニア学校で慣れからくる欠点

将来、webエンジニアを目指す場合に、独学かあるいはwebエンジニアで勉強するかという判断があります。専門の教育機関で勉強すれば、専門的なノウハウを講師から学べます。しかし、たとえ専門スクールに通いカリキュラムを受けたからといって、必ずプロになれるわけではない事実を理解する必要があります。webエンジニア学校に通っていると、ついその立場に慣れてしまいがちです。与えられたカリキュラムをこなすことに専念するあまり、自身からプロになろうという意欲が弱くなります。独学で勉強している人たちは、プロを目指そうという強いモチベーションを持ちます。自ら行動してスキルアップを目指す人は強いです。そのため、web技術者の仕事探しで互いに競走した場合、独学でスキルを学んできた人物の方が能力が高いというケースもあります。

学校に通っているからプロの道が保証されているという思い違いが、デメリットにあたります。そこで、専門スクールに通いながらも、自主的に独学する事も欠かせません。スクールで得られる知識に加えて、自らも勉強する意欲を持てば、将来エンジニアになれる可能性が高いです。たとえスクールで優れた講師や勉強に役立つ設備が整っていたとしても、最終的には本人の学ぶ姿勢が重要です。スクールに通いながらも、独学で勉強しているライバルたちを意識する必要があります。スクールとしても、カリキュラムを受けるだけでなく自主的な独学も熱心な生徒に対しては、支援が厚いです。
このように、Webエンジニアとして成長するためのコツや、将来独立を視野に入れたキャリアプランの立て方など、気になる情報はこちらから。